月別アーカイブ: 2014年11月

旧車だって走ってナンボ!”旧車天国”

旧車だって動いているときが一番輝くことを実感 11月23日の快晴に東京・お台場で八重洲出版「Old-timer(オールドタイマー)」誌主催の「第2回お台場 旧車天国」が開催された。じつは筆者、お恥ずかしながら定期的に購読続きを読む…

Toyota Safety Senseを2015年に導入開始、2017年末までに日本、北米、欧州のほぼ全ての乗用車に設定

2017年末までに日本、北米、欧州のほぼ全ての乗用車に設定 トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、低速域から高速域まで衝突回避支援または被害軽減を図る予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を開発。普続きを読む…

McLaren Hondaが公式テストに初参加

F1好き、そしてHonda好きに朗報だ。McLaren Honda(マクラーレン・ホンダ)は、現地時間11月25日にアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行われたFIAの公式テストに初めて参加し、2015年からのFIAフ続きを読む…

SUBARU XVにアイサイト(ver.3)を搭載、特別仕様車「SUBARU XV POP STAR」も登場

週末にアップしたWRXのインプレにも書いた通り、当サイトH記者の愛車はSUBARU XV。文中にも「筆者はver.2装着車を愛車としているが、ver.3になって前方の識別能力が格段に高まっている。車線逸脱のレスポンスも速続きを読む…

ニュルで鍛えるGT-R&メガーヌ・ルノースポールに共通する2つのポイント

まもなく2015年モデルが発表される予定の日産GT-Rとルノーメガーヌ・ルノースポール(以下R.S.)。この2車種に共通するタイトルといえば、ノルトシュライフェと呼ばれるニュルブルクリンク北コースで最速タイムを記録したク続きを読む…

2014年LAオートショー、SUBARUの注目はWRX STI

本日SUBARU WRXのインプレをアップしたが、アクセスがうなぎのぼりとなっている。日本のスバリストをはじめ、注目度の高いSUBARU WRXだが、現在、アメリカのLAでのモーターショーでも人気集中するに違いない。 こ続きを読む…

セダンが売れない時代にスバルWRXの販売が順調な3つの理由

ミニバンやSUVの台頭によって最も販売台数が落ち込んだカテゴリーといえばセダンだろう。しかしその厳しいセダンの中で順調に販売台数を記録しているクルマがある。それが2014年8月25日に発売されたスバルWRXだ。これまでは続きを読む…

ゴールドが神々しすぎるLEXUS LF-C2は、開閉ルーフ無しの男前っぷり

キランキランが神々しいレクサスのオープン・コンセプトカー LEXUSは、米国・ロサンゼルスで開催される2014年ロサンゼルスオートショーに、オープンエアタイプのコンセプトカー「LEXUS LF-C2」を出展する。 湿り気続きを読む…

MazdaアテンザとCX-5に「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」搭載

「アテンザ」「CX-3」安全機能を大幅に進化させ、2015年1月7日より発売 MazdaのアテンザとCX-3が大幅改良し、年明け1月7日から販売を開始する。 とくに、注目されるのは、夜間や高速走行時の運転をより安心して「続きを読む…

Mazda6とCX-5の改良モデルを世界初公開

新型「Mazda CX-3」、新型「Mazda MX-5」とともにロサンゼルスオートショーに出品 昨日、CX-3のニュースを報じたが、Mazda6とCX-5も改良モデルが発表された。こちらも、ロサンゼルスオートショーにて続きを読む…
1 / 41234
subscribe RSS